当院の訪問診療について

様々な事情によりクリニックに来られない方に対して、定期的な訪問診療をしております。
入院や通院ではなく、住み慣れた家で過ごしながら、診療を受けたいというご本人の願いと、できるだけ家で看てあげたいというご家族の想いを大切にしています。
ご自宅や施設などで安心して療養生活が送れるように、ケアマネージャー、居宅介護支援事業所や訪問看護ステーション、調剤薬局などと連携し、在宅医療を行っています。
当クリニックは在宅療養支援診療所の認可を受けております。 患者さん個々のの気持ちや状態に合わせたオーダーメイドの在宅医療の提供を行っていきたいと考えています。

訪問診療とは

ご自宅や施設に医師が直接伺い、計画的に診療を行うことです。

様々な理由でクリニックに通うことが難しい方に対して、医師がご自宅(施設)へお伺いして診察、お薬の処方、健康管理などを行うことです。
病院での治療を望まず、家で最期を迎えたいと希望された時は、訪問看護師やケアマネージャーと協力し、ご自宅で最期を迎えられるようお手伝いします。状況に応じて往診をし、必要があれば他の医療機関を紹介することも可能です。
いしぐろクリニックでは、医療だけでなく介護についてもケアマネージャーと相談しながらご自宅(施設)で安心して過ごせる方法を一緒に考えてゆきます。

訪問診療と往診との違いは?

訪問診療とは、病気であっても、病院以外の自宅や施設で過ごしたいという人が、自宅や施設に居ながら計画的な医療サービス(診療)を受けることができる仕組みです。毎月 日にちと時間を約束して医師が訪問の上、診療します。定期的に訪問し、診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導などを行っていきます。

一方、往診とは、突発的な病状の変化に対して、患者側の要望により緊急的に患者の居宅に医師などが出向いて診療を行うことを指します。(当院では、特別な場合をのぞき、往診だけの依頼は引き受けておりません。ふだん訪問診療している患者様の、緊急往診のみ行います。)

訪問診療の対象となる方

  • お一人で通院するのが難しい方。
  • 介護サービスを受けておられる方。
  • 高齢で定期的な健康管理が必要な方。
  • 認知症や寝たきりの方。
  • 病院から退院して自宅療養される方
    (病院の地域連携室などからお問い合わせいただくと便利です。)
  • クリニックに通院していたが、通院が困難になり、定期的に往診してほしい方。
  • 末期がんや老衰などで、病院ではなくご自宅での最期を迎えたい方(主治医からの紹介状をお持ちください)
  • 施設入所中で定期診察の必要な方

例)
*通院に付き添いが必要な方で家族の都合で通院が困難な方
*ご家族がお薬だけを取りにくることをお考えの方(処方には対面診療が必要です)
*在宅療養を希望され、経管栄養、中心静脈栄養、在宅酸素など、特別な医療処置が必要な方など

※上記以外で医師の判断にて訪問診療が可能な場合がございますので、お気軽に御相談ください。

訪問可能なエリア・時間

訪問可能なエリア

土岐市内全域及びその近郊(多治見、瑞浪 要相談)

※クリニックから車で30分以内なら可能です。訪問診療枠や曜日などの制限もありますので、事前にご相談ください。

訪問時間

外来診療時間外で、行っております。 曜日、訪問回数は、その都度調整、ご相談しています。

当院の訪問診療でできること

  • 通常診察(問診・視診・聴診・触診など)
  • お薬の処方、採血
  • 健康相談
  • 注射・インフルエンザ、新型コロナウイルスなどの各種予防接種
  • 末梢点滴管理(訪問看護さんにも協力していただきます。)
  • 関節内注射・トリガーポイント
  • インスリン・自己血糖測定
  • 中心静脈カテーテルの留置
  • 中心静脈栄養(ポート、中心静脈カテーテル)、胃ろう、腸ろう、経鼻胃管などの栄養管理
  • 人工呼吸器の管理、在宅酸素の管理
  • がん疼痛管理(麻薬)などの緩和ケア
  • 膀胱留置カテーテルの管理
  • 腹水、胸水ドレナージの管理(穿刺はクリニックで行います)
  • 外傷や褥瘡などの外科的処置
  • 訪問看護・リハビリ指示
  • 終末期最期までの御看取り など

そのほかなんでもご相談ください。

訪問診療までの流れ

1.ご相談
訪問診療を希望される方は、まず担当者(ケアマネージャー・現在の担当の医師や看護師等)と相談をしてください。また現在かかりつけの医師に当院宛のお手紙の依頼も合わせてお願い致します。現在入院中の方は、退院支援や地域連携室からの打診をしていただけるとスムーズです。疾患やご住所などの状況で訪問医療が可能かどうかを判断させていただきます。

もし、ケアマネージャーがお決まりでない場合は、ご相談いただければ、当院からお近くの信頼できるケアマネージャーをご紹介いたします。

2.お電話
お電話(0572-53-1496)でご相談ください。受付にお電話で、「訪問診療の件で」とお伝えください。そのうえでクリニックに来られる日をお伝えください。はじめはご家族だけでも結構ですので、クリニックにお越しください。
現在かかりつけで、訪問診療を希望される方は、受診時や診療時間内にご相談ください。

3.来院
来院時に医師にご相談ください。患者さんの病気の具合や介護状況などを詳しくお聞きします。入院中の方や他院通院中の方は紹介状をお持ちいただくとスムーズです。保険証や残薬の確認、訪問診療の説明を行います。そのうえで、訪問を受けられると決められた後に、訪問診療の同意書にサインをいただきます。急変時や緊急検査が必要時の対応などをあらかじめ決めておかれると安心です。

4.日程決定・初回訪問
日程を決めて医師、看護師がご自宅に伺います。(初回訪問)訪問診療が可能と判断されましたら、初回の訪問診療日を設定して、その際にご本人・ご家族・関係者(施設職員やケアマネージャー等)と訪問診療の説明や今後の方針の決定・訪問診療の契約・検査等を行います。

5.定期的な訪問の開始
診療計画に沿い、診療を行います。
看護師とともに定期的に診療にお伺いいたします。曜日と時間を決めて、毎週または隔週でお伺いすることが一般的です。診療の回数や頻度は病状やご要望に応じて調整できます。
診療内容は通常の病院の外来診療と同じです。全身の診察に加え、検査・注射・処置・処方などを行います。何か応急処置が必要な場合で、処置材料を携行している場合は、その場で対応できます。

6.お薬の処方
診察の際、お薬が必要な患者さんには処方箋を発行いたします。処方箋は近隣の調剤薬局でお薬と引き換えることができます。
薬局に取りに行けない場合は、薬局から薬剤師さんに配達してもらうこともできます。その時に薬の飲み方や副作用の注意など、薬剤師さんから詳しく説明を聞くこともできます。 訪問診療をお受けの患者さまには、24時間365日で、電話相談(電話再診)、緊急訪問看護、医師の緊急の往診のいずれかで対応し、必要に応じて救急搬送、病院への手配などを行います。入院をご希望されない場合には、在宅にてできる限り患者様・ご家族様の意向を尊重した診療を行います。